カートをみる マイページへのログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 萩焼窯元椿秀窯・萩陶苑では新規会員募集中! 萩焼を購入すると、1%ポイントバック! ラッピング・お熨斗掛け無料で承ります! 萩焼窯元椿秀窯・萩陶苑オンラインショップを初めてご利用になるお客様へ

 

萩焼の歴史

萩焼について

萩焼の歴史

 萩焼の起源は、約400年前にさかのぼります。
 
豊臣秀吉の文禄・慶長の役(1592〜1598年)で、朝鮮より引きあげる際に、陶工を一緒に連れて帰りました。
 
この陶工の李勺光(り しゃくこう)と、翌年呼び寄せられた弟の李敬(り けい)が今の萩焼の祖といわれています。
 
 後に毛利輝元が、安芸の国(広島)で二人を預かりました。1600年の関ヶ原の戦いで敗れた毛利輝元は、領地を中国8か国120万石(現中国5県)から周防・長門の2か国36万石(現、山口県)に減らされ、居城を萩の地に移すことになりました。
 
これとともに、毛利藩の御用窯として開窯し、幕末まで続き、現在に至っています。
萩登り窯風景

萩焼の特徴

 萩焼の大きな特徴は、焼きあがりの土の柔らかさと、その吸水性にあります。
 
 高火度で比較的短時間で焼成し、土味を残すため、商品の感触が柔らかく、土があまり焼きしまっていないので軽く、保温性をもっています。

 さらに、吸水性があるために、長年使っていくうちに茶や、酒が浸透して、茶碗の色彩が変わり、茶人の間では「茶馴れ」といって珍重されています。

 また、形・装飾に素朴さがあり、絵付けなどはほとんどなく、土の配合・釉薬(うわぐすり)のかけ具合、へらや、刷毛目による表情が楽しめるのも特徴です。