カートをみる マイページへのログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 萩焼窯元椿秀窯・萩陶苑では新規会員募集中! 萩焼を購入すると、1%ポイントバック! ラッピング・お熨斗掛け無料で承ります! 萩焼窯元椿秀窯・萩陶苑オンラインショップを初めてご利用になるお客様へ

 

萩焼のお手入れ方法

萩焼のお手入れ方法

萩焼のお手入れ方法 〜末永く萩焼をお使いいただくために〜



このたびは、萩陶苑の萩焼をお買い上げいただきありがとうございます。
ご使用の前に、必ずお読みください。

1 はじめて使用する際は、一晩水に浸け、包装材のほこりやにおいを取り除きます。

2 萩焼の高台には釉薬がかかっておらず、砂を含んだ陶器の底はざらざらし、テーブルを傷つける場合がございます。敷物をしいてご使用になるか、高台(糸底)に触れてみて、ざらざらが気になるようでしたら、ヤスリやサンドペーパーでなめらかになるように処理をされることをおすすめいたします。

3 萩焼は、土の粒子と粒子の間が磁器ほどしまっていません。そのため、水もれする場合がございます。お使いいただくうちに茶渋等の浸透により、自然に止まります。
弊社商品に関しましては、水が漏れにくい加工をしておりますが、万一漏れが続くようであれば、一度製品をよく乾燥させた後、おもゆやフノリを入れ、6時間ほど浸けておく止まります。

4 食器類は、酸味や油分、酒類などの強い食品を入れたまま使用すると貫入に浸透し、シミや異臭、べとつき、原因となりますので、長時間それらを入れたままの状態でのご使用は避けてください。ご使用前には、水に浸け、充分に水を吸わせておくと、料理の汁気や、脂気を吸いにくくなります。また、ご使用後の食器も、なるべく早く温水に浸けこむなど、時間を置かないように気をつけてください。

5 器は、よく乾燥させてからしまってください。水気が残っていると、カビの原因になることがあります。特に萩焼は、水気を吸収しやすいため、完全に乾燥させてから、収納するようにしてください。

末永く萩焼をご使用いただけると幸いです。